<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

[PR]ポイント貯めるなら、楽しくお得にポイントが貯まる、ポイントサイト“げん玉”。

2010J2順位表
2010J2対戦表
サッカー J2 ブログパーツ【SBP】
LINK
遠征に役立つ広告欄
工事中
NEW ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
LOG IN

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
生きる・・・

こんにちわ、パパねずみです
大分は雨です。春雨ですね・・・。大銀ドームは屋根付きですので多くのお客様、サポーターに来てもらい、連勝したいですね

にほんブログ村 サッカーブログ 大分トリニータへポちっとお願いします


各種メディアでも数多く取り上げられているので、多くの方はご存知だとは思いますが、先日プロ野球読売巨人軍の木村拓也コーチが試合前の練習中にノックの最中に、くも膜下出血を発症し倒れられ、闘病の甲斐なくお亡くなりになりました。

ネットの中でもこの話題はかなり取り上げられており、彼の現役時代のエピソードや彼の命を奪ったくも膜下出血という病気のことなど、連日取り上げられています。

そんな中、彼が今年の『NPB新人研修』の講師として多くのルーキーの前で語った講義内容がちょっとした話題になっています。
これは巨人のHPに掲載されているものです。

Yomiuri Giants Official Web Site

彼はピッチャー以外の全ポジションにつくなど、多くの記憶に残る選手でしたが、その裏にはプロとして生き残るためには何が必要なのかとか、自分の役割がどうなのか。また、そのために自分がやらなければならないことを真剣に考え、また実行したんだなと改めて理解できる内容でした。

これはその講義を受けた若い選手は感銘を受けただろうし、我々一般の社会人も考えさせられる内容でした。

報道によると、彼は現役時代から多くの方に慕われる人望の持ち主だったそうです。それもうなづける内容です。

一度ご覧になってみてください。社会で生きるとはこういうことなんだと考えさせられると思います。

最後になりましたが、木村さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
合掌


人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします

| 雑記 | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | 青ねずみ一家 |
スポンサーサイト
| - | 11:41 | - | - | スポンサードリンク |










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

http://aonezumi.jugem.jp/trackback/273
<< 2010 J2第5節 VS徳島(アウェイ) | main | 2010 J2第6節 VS岡山(ホーム) >>