<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

[PR]ポイント貯めるなら、楽しくお得にポイントが貯まる、ポイントサイト“げん玉”。

2010J2順位表
2010J2対戦表
サッカー J2 ブログパーツ【SBP】
LINK
遠征に役立つ広告欄
工事中
NEW ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
LOG IN

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
身の丈にあった経営・運営

にほんブログ村 サッカーブログ 大分トリニータへ

ぱらっと、サイトを見ているとこういう記事を見つけました。

年棒600万円ですが、ゴン来て!…熊本:Jリーグ:サッカー:スポーツ報知

 J1磐田から戦力外通告を受けた元日本代表FW中山雅史(42)に対し、J2熊本が獲得オファーを出したことが11日、分かった。磐田時代の盟友のMF藤田俊哉(38)がチームの中心として活躍しており、中山にとってプレーしやすい環境が整っているといえる。熊本は現時点でJ1、J2を通じて全36チームの中で、獲得に名乗りをあげている唯一のJクラブであり、中山の決断が注目される。

 火のように熱いストライカー中山のもとに“火の国”熊本からオファーが届いた。現在、J2で14位と苦戦する熊本は、J1歴代最多の157得点を誇る中山の実力と実績を高く評価。磐田が来季の契約を結ばないことを通告した直後に獲得に名乗りをあげた。

 熊本には1990年代後半から2000年代前半にかけ、ともに磐田の黄金時代を築いたMF藤田が在籍。今季、チーム最多の47試合に出場しており、来季も残留が決定的で、中山にとってはなじみやすい環境の新天地といえる。

 ただ、ネックとなるのは、やはり条件面だ。熊本が中山に提示した推定年俸は600万円。今季の推定年俸2200万円の30%弱と厳しいものだ。公開されている08年度の熊本の選手、スタッフの人件費は、2億400万円で、J2平均(4億4700万円)の半分以下。関係者によると、苦しい台所事情の熊本は誠意をもって中山との交渉に臨む姿勢だ。

 中山は98年フランスW杯で日本人初ゴールを決めるなど、これまで数々の偉業を成し遂げてきたが、依然サッカーに対する意欲を失っていない。磐田側のアドバイザー転向の要請を保留し、現役続行を強く希望。その姿勢こそ熊本が買っており、今後は両者の交渉から目が離せない。

こういうことが、身の丈にあった経営・運営って言うのじゃないでしょうか?

仮に、熊本さんのオファーをゴンさんがけったとしても、熊本のサポーターは納得してくれるでしょうし、ゴンさん自身も熊本の実情をわかってくれるだろうな・・・。
どこぞの社長さんに聞かせたいものだ・・・。

人気ブログランキングへ←応援よろしくお願いします。

| 大分トリニー他 | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0) | 青ねずみ一家 |
スポンサーサイト
| - | 11:53 | - | - | スポンサードリンク |










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

http://aonezumi.jugem.jp/trackback/251
<< 2009 J1第31節 VS横浜FM(アウェイ) | main | 逃げてばっかりおらんでさぁ・・・ >>