<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

[PR]ポイント貯めるなら、楽しくお得にポイントが貯まる、ポイントサイト“げん玉”。

2010J2順位表
2010J2対戦表
サッカー J2 ブログパーツ【SBP】
LINK
遠征に役立つ広告欄
工事中
NEW ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
LOG IN

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
2009 J1第13節 VS広島(ホーム)

5月23日(土) 2009 J1リーグ戦 第13節
大分 0 - 1 広島 (14:05/九石ド/16,298人)
得点者:44' 佐藤寿人(広島)
試合詳細データ

にほんブログ村 サッカーブログ 大分トリニータへ

かすかに灯ったかに見えたナビスコ浦和戦での光明・・・。

これすら霞んでしまうリーグ戦10連敗・・・。

試合後の溝畑社長の涙・・・。

そんなものはいらない・・・。

欲しいのはまず目先での1勝・・・。

サポカンで言い訳に終始する、帳尻あわせ・・・。

こんなもんもいらない・・・。

リーグ戦だろうが、カップ戦だろうが、もう無駄な時間の消費は許されない。

人気ブログランキングへ

| 大分トリニータ試合結果 | 16:50 | comments(2) | trackbacks(0) | 青ねずみ一家 |
スポンサーサイト
| - | 16:50 | - | - | スポンサードリンク |
でも最近のトリニータはいいサッカーしてると思いませんか?たしかにセンタリングの精度や決定力は他チームと比べるとすこし乏しい気がします。でもバックラインを下げてのディフェンス、ボールをとってからの速攻(13節広島戦)。「カテナッチョ」とも言われかねませんが、戦略としてはしっかりはまっているといえる時間帯もありましたし、見てる側としては変に肩のちからが入らず、盛り上がれる楽しいサッカーだったと個人的には思いました。
 言うなれば非は選手や監督にあるというより、むしろ見ているサポーター側にあるのでは?とも思います。試合に行ったら歌うだけで、声援はちょこちょこ。点が入れば喜んで、入れられたらディフェンス陣を睨みつけて「ちゃんと守れよ」と小言。これでは90分走りまわっている選手があまりにかわいそうです。もっと細かいプレーにもっと声援を送ったらどうなんでしょうか?
 海外リーグ(特にイングランドプレミアリーグは顕著[日本サッカーファンの人にしてみれは邪道かもしれませんが])では常に観客が選手に声援を送り続けています。もちろん選手のレベルが高いことも原因の一つかもしれませんし国民性もあるでしょう。でもそれ以上に観客、サポーターが本当にサッカーを楽しんでいて、楽しもうとしているなあと思える様子に感動しました。
 確かに負け続けることはチームにとっても良いことではないですし、内容や戦術がよいからと言ってそれは勝つための単なる手段でしかないということは承知の上です。内容を楽しんで結果はムシなんて考えが甘いこともわかります。がしかし、今のようにサポーターも選手つらい時期にあのように怒りをぶちまける(13節広島戦後)のはあまりにサポーターとして愛が・・・。
 初コメにも関わらずここまで書いてすみません。でも、選手があれほどにもがんばってるのに激しくチーム側を罵倒するサポーターを見ていると、すこし悲しくなったのでコメさせていただきました。
| moto | 2009/05/25 7:30 PM |
motoさま

はじめまして。コメントありがとうございます。

リーグ戦10連敗という結果、選手、クラブスタッフ、そして我々サポーターにとってはとてもつらい状況になってしまいました。

でも、自分で言うのも何なんですが、トリサポってめったに選手に対してはブーイングしないんですよ・・・。

他サポからもそれはよく言われることです。

先日の行動も、10連敗という結果の過程で、スタメンの半分が故障等で出られないという、まさに危機管理ができなかったフロント陣に対するブーイングだったような気がします。

選手たちががんばっているのはわかります。また、それを「愛」をもって、われわれトリサポは見守っています。

ただ、残りリーグ21戦で、何とかJ1残留に向けて、少しでも早く手を打って、やれることをやってほしいとの思いは皆が持っていると思います。

プロの世界は結果がすべてです。

選手、クラブスタッフ、そしてサポーターそれぞれがお互いの立場でやれることをやって、結果をすべて受け入れる・・・。

今回の抗議行動は、やることをやっていない側に対する「愛」のこもった行動であると理解しています。

これからも、J1残留に向けて、あきらめることなくサポートしていきます。
| パパねずみ | 2009/05/26 10:22 AM |










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

http://aonezumi.jugem.jp/trackback/222
<< 2009ヤマザキナビスコカップ VS浦和(ホーム) | main | 2009ヤマザキナビスコカップ VS横浜FM(アウェイ) >>