<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

[PR]ポイント貯めるなら、楽しくお得にポイントが貯まる、ポイントサイト“げん玉”。

2010J2順位表
2010J2対戦表
サッカー J2 ブログパーツ【SBP】
LINK
遠征に役立つ広告欄
工事中
NEW ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
LOG IN

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
クラブ愛とな・・・

まずはポチっとお願いします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 大分トリニータへ

先日いろいろネットめぐりをしていると、日刊スポーツHP上で、川淵三郎氏の「キャプテントーク」というコラム記事を見つけました。

日本人らしい「クラブ愛」とは 川淵三郎「キャプテントーク」 

Jリーグの生みの親のご本人が、クラブ愛について寄稿されてる記事です。

これを読んで思ったことは、
愛情の形っていろんな形があっていいんだと・・・。
ひいきにしているチームやクラブが不甲斐無い試合をしたり、
不振にあえいでいる事に抗議したり、
強行にアピールをする。
これもひとつの愛情表現。
そのようなチーム状況にも、暖かく優しく見守るのも愛情表現。

よく考えると、その対象は人間や動物や
あらゆるものに対する愛情と共通するものなんだと思います。
これは、「日本人」特有のものではなく、
万民共通のことだと思う。
欧米人が特別で、その民族固有の考え、
というわけではないのだと思う。
自然の成り行きなんだと思う。

ただ、その愛情表現は、
社会通念上常識的なものでなければ、
異常者扱いされてしまうわけで、
特に暴力的であることはもってのほかだと思う。

野球やサッカーに代表されるプロスポーツ。
観客を動員するわけだが、その中にはまだ幼い子供たちや、
お年寄りも多数来場される。
せっかくの楽しい場所が、いやな思いをする
悲しい場所にだけはしたくないですね。

「熱さと暴力的は意味がぜんぜん違う・・・。」

これをしっかりと思い直し、
熱くサポートしていこうと思います。

参考記事:青ねずみ一家の毎日|「安全なスタジアム」づくり 

追加:選手も同様です。大輔・・・。
今回は猛省してくれ・・・。
Jリーグ公式サイトより 

↓当ブログ訪問の記念にクリックしていただけるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

| 雑記 | 13:31 | comments(0) | trackbacks(1) | 青ねずみ一家 |
スポンサーサイト
| - | 13:31 | - | - | スポンサードリンク |










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

http://aonezumi.jugem.jp/trackback/192
少年野球 ピッチング
少年野球 ピッチングでこういう症状は癖になるので早く解決したいところです。その投げ方で固定されるような気がします。
| 少年野球 ピッチング | 2009/03/13 6:12 PM |
<< がんばれ、Jリーグ勢 | main | ホワイトデーの贈り物 >>