<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

[PR]ポイント貯めるなら、楽しくお得にポイントが貯まる、ポイントサイト“げん玉”。

2010J2順位表
2010J2対戦表
サッカー J2 ブログパーツ【SBP】
LINK
遠征に役立つ広告欄
工事中
NEW ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
LOG IN

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
2009 観戦記 名古屋戦(アウェイ)
3-2 惜敗(2009.3.7 豊田スタジアム テレビ観戦)

2009年開幕戦はアウェイのため、NHKの生放送で自宅で観戦しました。
うちのスタメンは

GK 西川

DF 上本、森重、小林

MF ホベルト、藤田、高橋、金崎、鈴木

FW ウェズレイ、高松


けがのDF深谷、MFエジのかわりに、小林、藤田を配置。おおむね予想通りの布陣。開幕戦で早速藤田のポリバレント性が発揮されることになってしまうのは残念なことだが・・・。


・相手のチームにはうちの「堅守」をコケにするやつもいるが、やはりここはアウェイだし、しっかりと持ち味の「堅守」でリズムを作っていきたいと思っていた。

・しかしながら、予想に反して序盤攻撃的にいったのはうちの方で、いい感じで人とボールが動くサッカーを展開。効果的なサイドチェンジが光っていた。

・先制点はがら空きだった右サイドの高橋からの攻撃。前半10分クロスにあわせた金崎。一度はミスるが再度こぼれ球を得点。非常にいい感じだった。

・前半17分やはり右サイドからの攻撃で、金崎のループシュート。相手の楢崎にわずかなところではじかれる。

・前半戦は予想に反して、うちの攻撃が目立っていた。シュート数なんかはあまり変わらないが、攻撃の美しさ、名古屋がやるべきサッカーをうちがしてたのではと思う。

・後半の最初のチャンスもうちにやってきた。高松が競ったボールを金崎が裏に抜け出し、決定的なシーン。がしかしシュートはそれる。

・そのシーン以降は名古屋が息を吹き返し、攻撃のリズム、ゲームの大半を支配される。

・同点にされたシーンは、ダヴィの個の力にしてやられた感じ。迫力満点だった。

・同点にされてから、うちとしては1−1の引き分けにもっていくのか、点を取りにいくのか、はっきりとした意思がなかったのかなと思う。

・何度も決定機に点を取れなかった焦りからか、確たる意識のない攻撃を繰り返し、前掛かりになったところをカウンターで玉田に決められる。この瞬間実質本日のゲームはジ・エンド。

・逆転を許したことから、精神的にもあせってきたのだろうか、西川のゴールキック、パントキックの精度も悪い。

・あろうことか、結構光っていた高橋も、報復行為で一発レッド。

・その後、ダヴィに本日2点目を献上。その後うちもウェズレイも1点を返すもタイムアップ。2年連続の開幕戦勝利はできなかった。


リズムに乗っているときの攻撃については、昨年になくよかったのではと思う。再三見せていた素早いサイドチェンジは、美しさすら漂っていた。


ウェズレイも7年連続の開幕戦ゴールを決めてくれ、前線からの守備も献身的に動いていたのではと思う。昨年よりもコンディションがいいのではと思わせてくれた。


金崎も強運の持ち主なんだろう。その後のシュートミスもあったが、若々しさ、能力の高さは今年も見せてくれそうだ。


このゲームでの課題も多く散見された。


・個の力が不足している点。特に失点シーンは1対1の場面でのシーン。

・ゲームプランの引出の少なさ。

・決めるべきときにきっちり決める決定力の無さ。

・悪い意味での若さが出てしまった点。

このあたりが、今後の課題となりそうだ。この敗戦をもう1ランク上のクラブになるためのきっかけにしてもらえればと思う。
そのためにも、次節ホームの京都戦は結果、内容が問われる一戦となる。


↓当ブログ訪問の記念にクリックしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ



toto購入、ポイント交換に便利なイーバンク銀行

| 大分トリニータ観戦記 | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 青ねずみ一家 |
スポンサーサイト
| - | 10:57 | - | - | スポンサードリンク |










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

http://aonezumi.jugem.jp/trackback/183
<< 2009 J1第1節 VS名古屋(アウェイ) | main | がんばれ、Jリーグ勢 >>